英語を学んでいる方の中には将来、翻訳で生計を立てたいと思っている人もいるかもしれません。今後ますます翻訳の需要は高まると思われますので、翻訳で生計を立てることは十分に可能です。しかし、最近では翻訳の分野でも専門化が進んでいます。ですから漠然と翻訳家を目指すのではなく、どういった分野の翻訳を目指すかをしっかりと考えて学習していくのがポイントです。周りから「あの人は○○の分野の翻訳家」と認知されれば仕事は自然に入ってくるはずです。この場合、重要なのは自分の成りたい分野の翻訳家を目指すのか、それとも需要がある分野の翻訳家を目指すのかという点です。後者を狙えば生計を立てることはより現実味が増すでしょう。例えば、求められていたりするのは特定の技術分野の翻訳家。実際、出来る人が少ないので、その分野の専門家になれば仕事を独占できる可能性もあります。そのためには求められているのはどんな分野なのかしっかりとリサーチしましょう。

PR|マッサージのリアル口コミ.com|ショッピングカート|住宅リフォーム総合情報|オーディオ|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|JALカード|童話|貯蓄|アフィリエイト相互リンク|お小遣いNET|クレジットカードの即日発行じゃけん|内職 アルバイト|女性向けエステ.com|工務店向け集客ノウハウ|